楽しいは創れる。

今となっては、仕事は当然楽しく、
寝食忘れて没頭できるものですが、
昔からそうだった訳ではありませんでした。

 

20代前半は「何をしたら自分は楽しいのか」を
追い求めて、彷徨っていたころがあります。

 

自分が楽しめる仕事が、どこかにあると
思っていたのです。

 

しかし、転職したり、起業してきた中で
色々な仕事を取り組んできた今思うのは、

 

楽しい仕事があるのではなく、
仕事を楽しめる人間がいるだけということ

 

同じ会社にいても、
同じように起業していても

楽しそう仕事をしている人もいれば
辛そうにやっている人もいます。

 

それは、何をやっているのかではなく
その人自身の仕事に対しするスタンス、マインドの違い。

 

どうせ同じ時間を過ごすのであれば
楽しい方が断然いいですよね?

 

『好きこそ、物の上手なれ』という
言葉がありますが、まさに同じ事だと思うのです。

 

楽しんでいれば、自然と成果が上がるし、
うまくいくサイクルにいくのですが

 

楽しめなければ、
辛く、続かなく、ストレスだけがかかって
成果も出なく、空回りばかり💦

 

頑張っているのに、成果が出ない・・・
という人の多くは、大変そうに、辛そうに仕事しているケースが
多いんじゃないかなと思います。

 

楽しめば、楽しみごとが楽しみを連れて、楽しみにやってくる。

 

私の人生のバイブルの1つに、こんな本があります。

 

仕事は楽しいかね?』私は楽しいが… – cotoba

 

物語形式で、とてもわかりやすく、仕事を楽しくする
コツが書かれている本なのですが、
そこで書かれているのは、こんなこと💡

 

仕事を楽しむ7ヶ条

①目標・目的を持つこと

②ゲーム感覚を持つこと

③完璧主義を辞めること

④仕事に追われる状態を無くす

⑤成果に繋がらないこだわりを捨てる

⑥頑張らない、無理しない、比較しない

⑦人の役に立つことをする

 

もちろん、7つ全て大事なのですが
とくに私が大事だと思ったのがこれ。

 

『目標・目的を持つこと』

 

ここでいう目標は、誰から与えられたものではなく
自分が心からやりたいと思える目標です。

 

誰から言われたでもなく、
自分が成し遂げたい目標。

 

自分がなぜその目標を達成したくて、
具体的にどこを目指すのか、

が明確になっていることも大事。

そこに対して、
ワクワクできるかがポイントになっていると思います。

 

逆に目標を決める時に、気をつけた方がいいのは、

 

・否定形の目標にしない事

・お金を目標にしない事

 

↓この記事を見て、なるほど💡と思いました!

 

 

とはいえ、本や記事を見たからといって、

急に明日から仕事が楽しくなるかと言えば、そんな事無いですよね。笑

 

「仕事は楽しいかね」の本には書いていないですが、

私が、仕事を楽しむために、一番や早いと思うのは

 

仕事を心から楽しんでいる人と仕事をすること。

 

人は環境に左右される生き物なので、これは本当に効果的!!!✨

 

私は、どんな状況下にあっても仕事を楽しめるぜっていうくらい

まだ成熟していないので、

誰と一緒に仕事をするのかはとてもこだわります。

 

いつも人や周りのせいにして愚痴が多い人や

主体性がなく、他人任せの人と一緒に働くよりも

 

常に前向きで、主体的にアイディアを出し合い、

お互いの良さを活かしながら、働ける人と一緒に

いた方が、明らかに楽しいと思っているのです。

 

仕事を心から楽しんでいる人と仕事をすること。

 

これはめちゃくちゃオススメです😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です