迷ったら「やる選択」を

 

私はこれまで、迷ったら「やる」という選択をしてきました。

迷うという事は、少しでもやりたい気持ちがあるという事だからです。

 

何かを始めよう、変えようとした時、

『何か漠然とした不安』が出てくる場合がほとんど。

 

・自分に出来るか分からない。
・それが本当に自分の必要な事なのか、
時間やお金をかける価値があるかわからない。
・新しい事を始める事で、負荷やストレスがかかる不安。

 

昔は、例え小さな決断をくだすときですら迷ってしまい、

決断を先延ばしにしてしまうところがありました。

 

実際、周りでチャンスを掴んでいるのは、頭の良さや、実力以上に

「素早く決断し、行動できる人」

 

社会のあらゆる成功者の誰もがそうです。

 

そもそも、未来は分からないもの。

分からないから、決断しないのではなく、

分からないからこそ、やってみるという思考に変えました。

 

『未知』を『既知』にしていくことで、不安もなくっていきます。

やってみて、違かったとしても、それは経験として大きなプラスになります。

 

時々、不安だから、分からないから決断できない、考える時間が欲しいという人もいますが、

そういった人の多くは、最終的に時間をかけて考えて、やらない選択をします。

結局、何も変わらないのです。

 

この「決めて、行動した」数が、経験値の差になります。

20代前半は、そこまで差を感じる事もないかもしれませんが、それが20代後半以上になると

どんどん差が開いていくのです。

 

今日、1日1日の積み重ねが、未来を作るからこそ、

私は「迷ったらやる」事を決めて、即断即決で行動する事を習慣にしています。

 

必要なのは、『一歩踏み出す勇気』それだけです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です